ニコニコに笑い声を追加するChrome拡張を作った

ニコニコ動画のコメントには、しばしば大量の「w」が含まれます。動画中の面白い部分では、「wwwwwwwwwwwwwwwww」が画面を埋め尽くすこともよくあります。

その「w」のコメントにあわせて笑い声が聞こえるともっと楽しいに違いありません。

ところが、検索しても出てきませんでした。ないなら自分で作ってしまえというわけでそれを実現するChrome拡張を作ったので、ここに公開いたします。

インスコ

こちらから。https://chrome.google.com/extensions/detail/ejggbmigieodglbegdpjnlpmhhlnfbip
Google Chrome 11.0.696.16 betaで動作確認しております。

使い方

  1. 以上のページから拡張機能をインストールしてください。
  2. ニコニコ動画のお好きな動画ページを開いてください。「wwwwwwwww」という弾幕が観測されるものが好ましいです。
  3. 動画タイトルの隣に現れた「w」ボタンを押してください。
  4. この状態で動画を再生すると、ボタン部分に、動画の再生中の区間で認識した「w」の数が表示されます。「w」の数が10個以上になると笑い声が聞こえるようになります。

実現したメカニズムやアルゴリズムおよびパラメータの考察など

  • 疲れたので明日書く。続きを読むの後に書きました。

免責

  • よく「w」の数の認識に失敗することがあります(コメントに「w」があるにもかかわらずボタンの数値が増えないことがあります)。動画をリロードすると直ることがあります。根本的な修正はそのうちやります。
  • 本プログラムを利用したことにより、また、利用できないことにより被ったいかなる損害も、作者はこれを補償する義務はないものとします。

これからやりたいこと

  • 「おおおおおおおおおおおおおおおおおお」とか「あああああああああああああああああ」とか「!?」とかにも対応したら面白そう
  • 笑い声を流す閾値はまだまだ調整の余地あり。

謝辞

続きを読む

不思議の国の香港でiPhoneを使ういい方法

ホッテントリメーカー便利でいいですね!
先日香港とマカオに遊びに行ってきました。旅程は5日間。おもに自分のメモのために。

旅先でもデータ通信をガンガン使いたかったので、そのための最適な方法を出発前にいくつか考えていた。主にデータ通信。電話は考慮外。

以下のような端末を持っていくとして、

以下のような選択肢を検討した:

  • SoftBankの海外パケットし放題
    • 利点
      • 何の準備もせずに利用できる。
      • 設定も簡単。正しいローミングキャリアを選ぶだけ。
    • 欠点
      • 1480円/日もかかる。通常のローミングチャージを考えるとだいぶ安いけれど、それでも5日間使うとお財布に痛い。
      • 設定間違えるとパケ死するリスクを負う。
      • iPhone以外の無線LAN機器で使うことが困難
        • テザリングを有効にすればいいのかもしれないが、Jailbreakみたいなハックがいろいろ必要になって現実的な案ではなさそう
    • その他
      • インターネットには日本からアクセスしてることになる。
  • 現地キャリアのプリペイドSIMを使う
    • 利点
      • SBのパケットし放題と比べて圧倒的に安い。
      • 最悪、数千円の残高をドブに捨てることはあっても決してパケ死しない。
      • 別にiPhoneじゃなくたって使える。
    • 欠点
      • 設定がちょっとだけめんどくさい。
      • iPhoneに直挿しする場合、SIMロックのかかってる機体では使えない
      • キャリアの店が開いてる時じゃないとSIMカード買えない。マカオのフェリーターミナルにはSIMカード自販機はあったけれど、香港にもどこかにあるんだろうか?
      • iPhoneで使う場合、3GをオフにするとソフトバンクのMMS(@softbank.ne.jp)を受信できなくなる。
        • SMSは受信できる。
    • その他
      • インターネットには香港からのアクセスになる。日本からのアクセスじゃないと利用不能なサービスを使うときには不便かもしれない
  • 現地に公衆無線LANサービス
    • 3G通信ほどシームレスに利用できないほか、契約がめんどくさそうだったので今回は利用しなかった

最終的には、1日目と2日目にSBのパケットし放題を利用し、また2日目以降は3のプリペイドSIMをPocket Wifiにぶっ刺して、通信環境を構築した。

1日目

  • 成田からのフライトが深夜着だったので、空港の携帯屋さんはどれも開いてなかった
  • とりあえず、SBのパケットし放題を設定
    • iPhoneの電源を入れると、ソフトバンクからSMSが届く。それに従って、パケットし放題が有効になるキャリア(香港の場合はCSL)に設定
  • ホテルに移動して就寝

2日目

  • なぜか空港に戻ってきた
  • 出発ホール(Departure Hall)にある3というキャリアの店で、HSDPA Broadband Access Rechargable SIMを買う
    • http://bit.ly/dSRL8L なんていうかYesというロックバンドを彷彿とさせるロゴ
    • このページに書いてあるとおり、データ通信には$28/dayのキャップがある(約300円)。安い。ちょうやすい!
    • 店の人に Prepaid SIM Cardください!って英語で言う。Internet accessが目的であることを伝える。5日分の残高を払い、Pocket WiFiを見せたらを残高をチャージしてactivateしてもらった。
      • activate および recharge には電話とSMSが使える端末が必要みたい。Pocket WiFiはどちらも利用可能でないので、店の人にactivateとchargeを頼んでよかった
    • 「端末のAPNを ipc.three.com.hk に設定してね!」って言われたので、空港を去るAELの中でPocket WiFiをそのとおりに設定する。わーい!インターネット使い放題!いやっほう!
  • 地下鉄の中でも電波が入る!試した限りではYouTubeなんかも見れるみたいでSkypeもOKぽい。
  • ホテルで微妙につながんない。SBのパケットし放題のキャリアのCSLはちゃんと入ったので、この日に限って利用する。
    • SBにローミングしないときは、iPhoneの設定から「一般」→「ネットワーク」→「3Gを有効にする」、「モバイルデータ通信」、「データローミング」をオフにしていた。また、こうするとiPhoneのバッテリがなかなか減らなくなる。

3日目

4日目

  • ずっと香港にいたので外では快適な通信環境を享受する。

5日目

  • 日本に帰る。帰りの飛行機の中でPocket WiFiSIMカードをイーモバのものに入れ替える。

Twitterのテキストボックスを広げるだけのグリモンを書いた

全角文字を140文字ぐらい入力すると溢れちゃいますよね。Twitter

というわけで入力枠を広げるだけのグリモンを書きました。
http://userscripts.org/scripts/show/78344

Seven Days with A New Slate Computer

iPadを買ってから一週間が過ぎた。

私は富士通LOOX C/E50というすごい安いノートを持っていて、よく喫茶店で、これとPocket WiFiを持ち込んでバッテリが切れるまでぶっ通しで作業したりする。このノートPCをiPadに置換できると、カバンがもっと軽くなって大変嬉しい。

iPadはCULVノートの代わりになるのだろうか、という点を重要視して、一週間iPadを使ってみた主観的な感想を以下に述べる。

TeXのtypesetterがネイティブで動かない

構造化文書を生産する手段として一番自分が手に馴染んでるのがLaTeXだ。ある程度体裁の整った文書を書こうとするとだいたいこいつのお世話になる。

Windowsノートは問題なくLaTeXシステムを動作させていた。しかし、LaTeXiPadではネイティブで動作できないため、LaTeXで書かなきゃいけない論文を書けない。すごい困る。TeXLiveをA4で動くようにリコンパイルして脱獄iPadで無理やり動かすとかはちょっと考えたくない。

サーバにTeXのシステムを構築してWebブラウザから利用するための俺俺SaaS的な仕組みを構築するという手はアリかな、と思うけれど、他に良い方法があるなら置き換えたいというのが本音。

LaTeXとおさらばできればそれが一番幸せな気がする。LaTeXで提出する論文は諦めるとして、普段の構造化文書を作る上での良い代替品は、App Storeにあるかもしれない。

ブラウザ速い。でもFlash動かない

あのデカイ画面でのブラウジング体験は素敵である。しかも超サクサク。マルチタッチディスプレイによる直感的な操作。PCのサイトが普通に見えるのでPCのブラウザだと錯覚しつつ、Flashバリバリのサイトを開くと無情なハテナブロックが表示されるのはちょっと残念。

とはいうものの、普段見るサイトに関してはFlashを使わないものが圧倒的に多いので、Flashが使えないのはそんなに問題だとは思ってない。

プログラミングできない

プログラム書きたいときはRemote Desktop Clientとか使えばいいかな。

結論

自分にとってのiPad移行のネックとなっていたのはLaTeXだったことがわかった。さて、どうしよう。

オレ専用GNU screenカンペ

大学サーバーにSSH接続していると,時間のかかる作業中に接続が切れて涙目ってことがあったので使い始めよう.

追記するかも.

まずは初期設定

~/.screenrc に以下のような設定を書き込む.

escape ^z^z

基本操作

  • C-z c 新しいウィンドウを作成し,そちらに移動
  • C-z n / C-z w 次/前のウィンドウへ移動する
  • C-z d screenプロセスをdetachする

他の端末から

screen -d [プロセス番号]

としてもdetachされる.
detach後は,

screen -ls

で裏で動いているscreen管理下のプロセスを確認できる.

screen -r [プロセス番号]

でふたたびそのプロセスの制御を行うことができる.

screen -x [プロセス番号]

で複数の端末からそのプロセスの制御を行える.便利!

参考

Let's use SCREEN!を参考にさせていただきました.

ひさしぶりにPHPをガシガシ書いた

ビューの中でデータベースにアクセスしてたりするひどいコードをメンテナンス。しにそう。
何ヶ月もASP.NETを使ってたら、mysql_* 関数の使い方、どの値がtrueと評価され、あるいはfalseと評価されるのかなんてことをすっかり失念していた。

それでもデバッグ時にはvar_dumpを使うことは忘れていない。